HOME > WORKS > 住宅設計 > MINKA > 木組みと漆喰の家

木組みと漆喰の家

このお宅は、老後の生活も考慮に入れ、体が不自由になった時でも一通り1階で生活が行えるように計画されました。1階の寝室・リビング・ダイニングは、部屋を雁行(がんこう)に少しずつずらす事で、コーナーをつくりながら、夫婦お互いのプライバシーをやわらかく区切り繋がっていきます。トイレ以外は、廊下を通ることが無く、お互いの気配を感じながら、生活するイメージです。建物の中央は、リビングになっておりその天井は、傾斜天井になって吹き抜けます。その吹き抜けが核となり、縦方向にも視線や、気配を繋げます。

[構造]木造(木組み・伝統工法)
[施工床面積]41.5坪
[施主]60代夫婦+子供1人
[建設場所]静岡県焼津市

特徴1:外観

堂々としながらもシンプルにまとめ、足し算ではなく、引き算で考えられたデザインです。1枚の屋根で1階から2階の屋根までダイナミックに葺くことで、2階建てでありながら平屋の優雅さを併せ持つ外観が生まれます。

特徴2:玄関

温かく「おかえり」とささやくような玄関、お客様を迎えるおもてなしの玄関・・・そんなイメージで取り組みました。奥行きの深さを利用し、重くなりがちな下駄箱をすっきり納める工夫をし個性的な玄関を目指しました。  玄関の土間は炭入りモルタルです。黒を足す事で空間がしまり、心地よい緊張感が生まれました。 正面の壁は、設計者、施主も何も言わず、全てを左官屋さんに任せます。左官職人の思いがコテで表現されます。

特徴3:居間

飾りでない、構造の一尺の大黒柱が吹き抜けを通して2階まで約6m通しで見えます。大地から強く伸びるこの大黒柱は、この家を支える安心感になります。 居間にはなつかしい千本格子の古建具を入れました。黒光りした古建具がアクセントになります。日本人の身長が高くなって、今ではドアなどでは2mが一般的になっていますが、昔の建具の高さは五尺九寸程度です。(約177センチ) 一般的にはちょっと低いのですが、その高さの建具は、見た目にもバランスが良く美しいです。 今回、家族に背の高い方がおられませんでしたので、そのバランスを生かせるように建具を足さずに、そのまま使用しました。

MINKA 作品集

[総合建設費]
[建設場所]静岡県富士宮市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県御前崎市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県袋井市
[総合建設費]
[建設場所]
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県牧之原市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県 焼津市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県袋井市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県富士市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県 川根本町
[総合建設費]
[建設場所]
[総合建設費]
[建設場所]長泉町
[総合建設費]
[建設場所]
[総合建設費]
[建設場所]藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡市駿河区
[総合建設費]
[建設場所]静岡県菊川市
[総合建設費]
[建設場所]富士宮市
[総合建設費]
[建設場所]
[総合建設費]
[建設場所]
[総合建設費]
[建設場所]静岡県静岡市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]川根
[総合建設費]
[建設場所]静岡県静岡市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県島田市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県浜松市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県焼津市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県焼津市
[総合建設費]
[建設場所]藤枝市志太
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県静岡市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県静岡市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県掛川市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県沼津市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
[総合建設費]
[建設場所]静岡県藤枝市
設計プランのご依頼はこちら
家づくり何でも相談窓口

会社情報

一覧はこちら

所在地:静岡県清水区蒲原3丁目11-15
TEL:054-376-6644
FAX:054-376-6645